福岡地区社会人親善大会速報!

先の日曜日、九電記念体育館にて福岡地区社会人親善大会が開催されましたので結果をご報告いたします。
まずはお忙しい中応援に駆けつけてくださった栗林さん、藤田さん、江村さん、ありがとうございました!みんなを代表してお礼を申し上げます。
さて、大会のほうですが、梅雨の大雨の中、今年も盛大に開催された同大会、主賓の挨拶には今年は山崎拓氏本人が登場していました。
個人戦の結果から・・・。


まずは、期待のルーキー中山選手!
今回は小山の一回戦からの登場です。
初めての社会人剣道大会で緊張していたようでした。
結果は残念ながら無名塾Aの大将魚住選手にうまくやられてしまい一回戦敗退となりました。
次の大会では活躍を期待しています!
続けて、われらが大将中村選手!
今年は中山選手同様、小山の一回戦からの登場となりました。
その初戦、美和台少年剣道の橋本選手から見事な小手と面を決めて2本勝ち!
2回戦に駒を進めました。
2回戦の相手は福岡市消防局の宗選手。
いきなり面を先取される苦しい展開となりましたが、落ち着いて面を取り返して勝負!
最後は出端を小手に取り、見事3回戦進出。
3回戦の相手はおなじみ三菱ふそうの尾畑選手。
いやぁ、強いですね三菱ふそう・・・残念ながら中村選手は3回戦での敗退となりました。
それでもさすが大将、2勝1敗のグッジョブ!でした(*^_^*)
さて次は、遅れてきた大物、満田選手!
満田選手も小山の一回戦からの登場となりました。
先週デビュー戦をすませていたので前回と違いかなりのリラックスムードで初戦を迎えました。
相手は、われわれと同じ大野城総合体育館武道場で日曜日の17時から稽古会をしている刃武会の溝部選手。
団体戦で3位入賞した刃武会の次鋒です。試合は、開始早々に見事な面を決められいきなりのピンチを迎えます!
満田さん、昨日は会場で「今日は一本も取られていない!」って胸を張ってたから、この記事をまとめるまでずっと信じていたのに、よく考えたらいきなり一本取られてたじゃないですか!!(^_^;)反省文をお願いします。
→在津さんごめんなさい帰路の途中で自分自身思い出しました。
ところが、ここで満田選手が奮起!
立て続けに素晴らしい面を決めて逆転勝利して2回戦に駒を進めました。
2回戦の相手は(※ここは満田さんが埋めてください。綜合警備保障の柴田選手か横手南心会の吉岡選手だったはずですが・・・。)
→前者のALSOKの柴田選手でした。
鍔競反則を取られて微妙に満田選手不利的な展開となりつつ、両者決め手ないまま試合は進みました。
ここで、この日大会後に「今日は捨て身になれたからよかったよ(*^_^*)」と本人が述懐していた通りの状況が!
なんと、満田選手、ここで「捨てすぎて」場外へ!
反則2回、あわせて一本。残念な敗戦となりました。
さて、ここからは2回戦からの登場です。
まずは「勇様」芳野選手。
初戦の相手は西日本鉄道の木下選手でした。
慎重な相手の小手にあわせて得意の小手面を繰り出して一本。
無難な滑り出しとなりました。
ちなみに木下選手は江村さんの福岡高校時代の後輩だったそうです。
続く3回戦の相手はこれまた刃武会の西村選手。
長身から繰り出す面をくらって試合は相手のペースに・・・と思いきや、怪我のことを忘れさせる見事な出足の小手面ですぐに一本を取り返して勝負に。
最後は出端の小手を押さえられて健闘及ばずここでの敗戦となりました。
ちなみにこの選手は在津の知り合いでした。
最後は初戦が22試合目という待ちながぁぁい状態だった在津選手。
初戦の相手は、これだけの出場者がいながら知り合いの筑紫野市役所大久保選手。
以前、月曜稽古会の大会で秒殺された経験があり、なんだかいやぁな感じが・・・。
試合は互いにどことなくぎこちなく進み、3分を使い切って延長戦に。
ここで、相手の出足が若干鈍ってきたのを感じて思い切って面に!
これが運よく決まって初戦を勝ち上がりました。
3回戦の相手は花畑剣道教室の栗山選手。
小柄ながら出足良く飛び込んでくる面に何度も危ない場面がありながら、何とか攻め続ける在津選手。最後は、攻めて誘い出したところを、逆に鋭い出足で打ち切られて万事休す。
今年も3回戦ボーイで幕を閉じました。
2戦目はビデオ撮影班のビデオのキャップがちゃんと外れていたのがいけなかったのかもしれませんね、中山君。そうそう、初戦の「音声」、堪能させていただきました(*^_^*)
こうして今年の個人戦は中村・在津・芳野の3選手が3回戦進出と言う結果で幕を閉じました。
※「勝ち数」的にはグッジョブ中村選手の3勝(個人戦2勝1敗、団体戦1勝1敗)が最高でした。
さて、いよいよ団体戦です。
【1回戦】 対 青空剣道教室 (九州大学職員と九工大剣道部関係のチーム)
なんと、前日、「明日の大会に出場する友人たちと一緒に飲みに行きますので今日は帰ります!」と笑顔で我々の第2道場の誘いを断ったルーキー中山君が、その日まさに「一緒に飲みに言った」人たちのチームとの対戦となりました。
先鋒芳野選手が難なく相手の先鋒阿志賀選手から1本を先取して先勝で試合は進みました。
ちなみにこの選手も江村さんの福岡高校時代の後輩だったそうです。
続く次鋒中山選手は若さを前面に出して動き回って引き分け、中堅満田選手も目覚しいフットワークを披露して、まだまだ若者には負けんよ!と言う感じで2本勝ち。
2勝1分けの有利な展開で副将在津選手へ。
ここで勝利か引分なら大将戦を待たずにチームは初戦突破となるはずでした。
が、空気が読めない在津選手は、引分でもいいのに、ちょろちょろと動き回る相手にてこずった挙句の2本負け。
「大将戦次第」と言う、考えようによっては大変盛り上がる、別の言い方をすれば、余計なプレッシャーのかかる場面をお膳立てしました。
さぁ大将登場!一本取れば勝ち負けに関係なく代表戦、引分か勝ちならチームも勝利の局面で、試合開始早々に目の覚めるような面が炸裂!
これでペースを完全につかんだ中村選手は続いて更に面を決めて、見事な二本勝ちでチームを2回戦へと導きました。
これで中村選手はこの日3勝目!文句なく今大会のMVPでしょう。
【2回戦】 対 三菱ふそう本部
さて、気を取り直して2回戦。
相手は三菱ふそう本部・・・っていうかAチーム?
立ち上がり、先鋒芳野選手が強豪上野選手を相手に互角以上の起ちまわりを見せます。
さすがに勝負強い!あと一歩で相手を追い詰められるのではないかと言うところまで行ったのですが、残念ながら相手もさすがで引分。
続く次鋒の中山選手も、この日一番の動きを見せて、相手に付入る隙を与えません。
さらに見事に一本先取!さらにそのまま攻め続けて、相手は決め手なく試合が進み、このまま勝利するか?!と思われた残り時間わずかの局面。なんと審判に鍔競反則を取られてしまいました(T_T)
これで焦りかけていた相手選手が落ち着いてしまい、そこは自力のある三菱ふそう選手。残り数十秒のところで一本取り返されて無念の引分。
うーん、残念。
さぁ、本日のりのりの中堅満田選手、のりを持続して積極果敢に攻め立てます。
本当に相手は三菱ふそうか?と目を疑いたくなるほどの善戦(^_^)
あわやという技が何度かあり、試合の展開がこちらに傾きかけたように感じたその時、またしても鍔競反則を取られてしまいました。
あぁ、勝利の女神は私たちよりも沢山稽古をしているであろう三菱ふそうチームに微笑むのか!?
この中断で次鋒戦に似た展開となり、焦りかけていた相手選手が自分を取り戻してしまいました。
それでも攻め続けた満田選手、結局そのまま引分。お見事でした。
さぁ、過去にこれほど強豪を追い詰めたことがあったでしょうか?
中堅戦まで終えて3分け。試合の決着は後ろの二人に託されました。
まずは在津選手VS福山選手の副将戦。
長身の福山選手に何とか一本打ち込もうと向かっていく在津選手。
互いに探り合った所で、相手を小手に誘った在津選手が思惑通り小手抜面に。
ところが!小手を抜かれた瞬間に急ブレーキをかけた福山選手の面の目前で在津選手の竹刀は空を切り、逆にそのまま福山選手から面に飛び込まれて一本。敵ながら天晴れな体裁きでした・・・。
さらに最後は、打ち合いの中でやわらかく手の内を返して飛び込んできた面に応じきれず、ここで痛い2本負けを喫してしまいました。
大将戦。残る可能性は一本勝ちで代表戦か、二本勝ちで勝利の局面。
しかし、相手はこの日の個人戦でも大活躍を見せた強豪小畔選手。
この日絶好調の中村選手も負けずに激しく渡り合います。
一進一退のかなりの好試合となりましたが、最後はわずかな隙を見逃さなかった小畔選手に面を一本決められてそのまま時間切れとなり万事休す。結局2敗3分でチームは敗北となりました。
こうして、結局Bグループ準優勝を飾った三菱ふそう本部チーム相手に好試合を展開しつつ、今年は2回戦での敗退となったのでした。
選手の皆様、特に大将の中村さん、お疲れ様でした!
怪我を押して出場し、相変わらずの大活躍だった芳野さん、しばらく体を休めてあげてください。
初めての社会人大会出場だった中山さん、次回は更に一段上を目指しましょう。
すっかり試合慣れしてしまった感のある満田さん、来週は福岡県大会です!がんばりましょう。
今年は冴えない結果に終わった在津は、新たな課題を見つけたので、来年までにその克服を目指してがんばります。
以上、大会速報でした。

この記事を書いた人

剣道錬士六段 ザイツゴロウ