平成18年度 九州実業団剣道大会

10月15日(日)に第42回九州実業団剣道大会が開催されました。
九州松下剣友会からも下記の1名と2チームが出場しましたのでご報告いたします。
『森永乳業グループ』
【女子個人戦】 
江村由美選手
1回戦 対 田原小百合選手(鹿児島銀行)
2回戦 対 桜木 葵選手(福博運輸)
3回戦 対 実渕 直美選手(西日本シティ銀行)
強豪選手がそろったグループながらパート決勝に進出し、見事ベスト8!
2回戦では強烈な当たりに苦戦しつつ延長にもつれ込む展開の中、最後は見事な面を決めて3回戦進出を決めました。結果的にはこの試合が長引いたのが不利に働いた感がありましたね・・・(>_<) 3回戦の相手は福岡剣道界では少年剣道の頃から有名な西日本シティ銀行の実渕選手。 試合開始早々に見事な飛び込み面を奪われた時にはその出足の鋭さに唖然としましたが、その後は一進一退の攻防となりました。 最終的に勝負が決した相面では、旗こそ相手に上がったものの、技が放たれた瞬間に「やったか!?」と思わせられたほど見事な一撃でした。 しっかり攻めて、相手を引き出した上で乗って行った面だったのですが・・・相手の一本目、遠間からの飛び込み面の鋭い出足の残像が審判団に残っていたのでしょう、無常にも軍配は実渕選手に上がりました。ここで万事休す。 今年も東京から応援団が駆けつけてプレッシャーがかかる中、本当に見事な剣道ぶりでした。 ぷりん、お疲れ様でした(*^_^*) 『パナソニックコミュニケーションズ』
【男子団体戦】

大将 中村裕介
副将 川崎直人
中堅 宮脇栄治
次鋒 中山正喜
先鋒 芳野光邦

1回戦 対 トヨタ自動車九州A
九州松下剣友会の仲間である岡野君も所属するトヨタ自動車九州チームの一軍との対戦となりました。トヨタ自動車九州と言えば、永見君元気かな?みゆ元気かな?
さて、試合内容の詳細はわからないのですが、次鋒中山が一本を奪ったものの、先鋒から大将まで二本負けのストレート敗戦となったとのこと。
恐るべし世界のトヨタ・・・かなり強かったみたいです(>_<) この試合の詳しい講評はQちゃんにお願いしますm(__)m
『パナソニックグループ』
【男子団体戦】

大将 栗林  毅
副将 早田和重
中堅 高本義崇
次鋒 前原貢樹
先鋒 満田暁史

1回戦 対 西日本シティ銀行D
こちらはビッグネーム西日本シティ銀行のDチームと対戦。「D」って・・・。
さて、試合のほうは、先鋒満田が一本勝ち、次鋒前原が一本負け、中堅高本が一本勝ち、副将早田が二本負けというシーソー展開。勝負は2勝2敗、本数で一本リードを許した形で大将戦に・・・!
Dチームでこの強さは驚きです(>_<) 西日本シティ銀行の層の厚さにはいつもながら驚かされますね。 ここでどのような試合が展開されたのか全く想像できませんが、残念ながら大将栗林二本負けでチームは初戦敗退となりました。 うーん、残念。 この試合の詳しい講評もQちゃんにお願いしますm(__)m
私はこの日、那珂川町で開催された少年剣道大会の監督をするため途中で会場を後にしたので、試合後に電話で結果報告を受けました。
思ったよりも苦戦をしたようで残念でした。
実業団剣道にも多くの強豪がひしめいています。
このことは互いに切磋琢磨できる環境がそこにあると言うことでもあります。
ますます元気に剣道に取り組んで行きましょう!

この記事を書いた人

剣道錬士六段 ザイツゴロウ